キーワード講座

キラーキーワードの探し方 2

目安時間 13分
  • コピーしました

 

 

さて、前回に引き続き

キラーキーワードの探し方について解説します。

 

 

 

 

アドセンスに限らず、

検索エンジンからのアクセスを狙うなら

キーワードを意識して記事を書かなければいけない

というお話でした。

 

 

 

 

そのためには、

需要があって供給が少ないキーワード、

 

 

 

 

 

つまり、

 

「検索回数が多くてライバルが少ないキーワード」

で記事を書くのが必須になります

 

 

 

 

そのために、

ビッグキーワードを探して、2語目、3語目の

複合キーワードを組み合わせることによって

(場合にっては4語目も)

 

 

 

 

ライバルが少なくなり、それに伴い

検索意図も明確になってくるわけです。

 

 

 

 

虫メガネキーワードやラッコキーワードで

関連キーワードを大量に取得するところまでは

前回説明しましたよね。

 

 

で、今回はその後です。

 

 

 

 

 

大量に集めた関連キーワードの

検索回数を調べるために、

キーワードプランナーを使います。

 

 

 

キーワードプランナーの使い方

 

 

https://forestduck.com/report/kensakukaisu.pdf

(知ってる人はスルーしてOK)

 

 

 

 

ここで表示された検索回数のうち、

100~1000回のキーワードを

順に調べていきます。

 

 

 

 

 

調べ方はカンタン。

 

 

実際にそのキーワードを検索エンジンに入力して、

どのくらいのサイトがインデックスされているか確認します。

 

 

 

 

 

その際、正確な検索結果を調べるために

シークレットモードで検索します。

 

 

 

普通に検索すると、

個人の過去履歴などに応じた検索結果が

表示される可能性があるからです。

 

 

 

 

シークレットモードの表示のさせ方 ↓

 

 

 

 

 

 

これで検索して、

ライバルが少ないところを狙うのですが、

その際、「allintitle:」で検索し、検索結果が

10件以下のキーワードを見つけていきます。

 

 

 

 

「allintitle」検索とは、記事タイトルに

そのキーワードが全て入っているサイトだけを

表示させる検索方法です。

 

 

 

 

例えば、「allintitle:ダイエット 食事 夜勤」

で検索すると「ダイエット 食事 夜勤」が全て

タイトルに入っているサイトだけ表示されます。

 

 

 

 

その件数が10件以下のキーワードを狙うってことです。

 

赤枠の数字です。 ↓

 

 

 

 

 

 

 

人によって、この件数が20件以下だとか、

allintitleなしで検索して、全サイト数が100万件以下のもの

が望ましいなどという目安もあるのですが、

 

 

 

 

 

最初の頃は、ひとまず

「allintitle:」で検索して10件以下を目安にすると良いです。

 

 

 

 

多く記事を書いて記事数が増えたり、

サイトの力がついていったり、

どうしても10件以下がみつからないというなら、

 

20件以下を目指すのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

次に、

 

上位のサイト(1ページ目に表示されてるもの)

の内容や質を調べます。

 

 

「allintitle:」検索はせずに、

普通にキーワードを入力して検索し、

1ページ目のサイトから順に内容を見ていきます。

 

 

一般ユーザーが検索する手順と同じです。

 

 

 

 

ここで、記事の内容や質を見て勝てそうと感じたら、

そのキーワードに参入し記事を書いていきます。

 

 

 

 

ポイントは、

企業サイトや権威のあるサイト、専門サイトは

狙わないことです。

 

 

 

逆に、

 

無料ブログや個人サイト、教えてGOOなどの

Q&Aサイトなどがあれば、

迷わずそのキーワードに参入して記事を書くことです。

 

 

 

 

 

ライバルチェックのときに

参入をすべきかどうか、判断基準の目安を

下記にまとめておきます。

 

 

 

 

 

1、今すぐ参入すべきライバルの弱いサイト

⇒無料ブログ、雑記(ごちゃまぜ)ブログ、Q&Aサイト

 

 

 

 

検索1ページ目にこれらのサイトが 1 つでもあれば、

そのキーワードへの参入を決定します。

 

 

 

 

無料ブログなどの弱いブログでも検索エンジンの

1 ページ目にあるということは、ライバルが弱い

ということを意味しています。

 

 

 

なので、アドセンスサイトでも十分勝ち目があります。

 

 

 

 

 

 

2、参入してはいけない強豪サイト

 

企業サイト:

Amazon、楽天市場、ZOZOTOWN、価格.com、クックパッド、Allabout、リクナビ、メディカルノート、暮らしニスタなど

 

 

 

専門サイト

生活、健康、医療、観光、文化遺産などがまとめられている専門サイト

 

 

 

公的サイト

国や自治体、学校法人が運営しているサイト

 

 

 

ニュースサイト

Yahoo!ニュース、ライブドアニュース、読売新聞ニュース、産経新聞ニュース、その他有名ニュースサイト

 

 

 

 

これら権威性のあるサイトやニュースサイトが

上位に複数ある場合は、そのキーワードでの参入は避けます。

 

 

 

1~2 個程度ならまだしも、3つ以上あるとまず勝てません。

 

 

 

 

 

 

3、様子を見て場合によっては参入する中堅サイト

 

2ちゃんねる、Wikipedia、特化ブログ、NEVERまとめ 、

などのキュレーションサイト

 

 

 

アドセンス実践を始めて初期段階のブログに力が

ついてない段階では、積極的には戦わない方が良いです。

 

 

 

ある程度記事数が多くなっていって、

サイトに力がついてきたら積極的に戦ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

とまぁ、こんな感じですね。

 

 

 

 

 

ライバルチェックについては、

もっとこまかなチェック項目をあげる人もいますが、

 

 

 

僕個人が記事を書く際にの目安としては、

必要最低限、これだけで記事を書いています。

 

 

 

 

ライバルサイトの運営履歴だとか、ドメインパワーとか、

更新頻度とか調べるのは面倒ですし、そこまで調べてません。

 

 

 

 

そして、記事を書くにつれて徐々に、

勝てる勝てないの感覚が分かってきます。

 

 

 

 

 

次回また少しステップアップしていきますね。

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………

■ブログランキングに参加してます

…………………………………………………………………………………

 

今日の記事が参考になったよという方は

クリックお願いします!

 

 

 

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

しんじろー
しんじろー

管理人:しんじろー 札幌市在住。40代のブログアフィリエイター。アフィリエイト歴15年以上。会社員の傍ら、アドセンスや楽天×アマゾンアフィリ、PPCアフィリ、サイトアフィリ、情報教材アフィリですべて2桁以上の額を稼いだ他、オウンドメディアや情報起業にも挑戦。現在、活動の幅を広げるため情報発信中です。近くの公園でのんびりしたり、神社(北海道神宮)に参拝したり、山に登ったりして暮らしてます。

詳しいプロフィール

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

 管理人プロフィール

しんじろー

しんじろー

管理人:しんじろー 札幌市在住。40代のブログアフィリエイター。アフィリエイト歴15年以上。会社員の傍ら、アドセンスや楽天×アマゾンアフィリ、PPCアフィリ、サイトアフィリ、情報教材アフィリですべて2桁以上の額を稼いだ他、オウンドメディアや情報起業にも挑戦。現在、活動の幅を広げるため情報発信中です。近くの公園でのんびりしたり、神社(北海道神宮)に参拝したり、山に登ったりして暮らしてます。

ご感想やご相談はこちら♪
※匿名で受付中です♪

カテゴリー

人気の記事
アーカイブ