外注さんを雇うときのリスク
メルマガ

外注さんを雇うときのリスク

目安時間 12分
  • コピーしました

 

前回の続きで、外注さんを雇うときのお話です。

大きく稼ごうと思ったら、避けては通れない道なのでね。

 

 

 

 

僕のように、過去に「書いた記事を全部リライトしたら

2週間後に報酬が爆発しましたー!」なんて経験をしてると、

文章の質がいかに大事か身にしみてわかります。

 

 

 

 

そんな経験から、一つの記事に魂を込めて書いてると

外注さんにも同等の質を求めてしまい、納品された記事に

満足できなくなったり、一から育てるのは面倒とか思ったり。

 

 

 

 

「こんな上質の記事を書けるのは俺しかいねぇ!」

 

 

 

 

なんて思えてしまって、いつまでも人に頼むことをせずに、

全て自分で記事を書いてしまって、ドツボにはまります。

 

 

 

 

例えば、

 

一流のシェフが、自分で作った料理しか認めず、

四六時中、厨房で働きまくってても店は大きくなりませんよね。

(※シェフ=経営者の場合)

 

 

 

 

経営者なら、

 

人に任せられる部分は、人に任せる。

誰がやっても同じ品質になるように、型(テンプレート)を作る

自分と同じレベルかそれに近い状態まで人を育てる。

 

 

こんな感じの努力が必要になってきます。

 

 

 

 

 

記事の外注も同じです。

ただ、クラウドワークスなんかで応募かけて採用しても、

ちゃんと記事を書いてくれるのかな?なんていう不安が出てきます。

 

 

 

 

これについては、応募時にテスト記事を書かせてみて、

ある程度は回避することができます。

この人どんな文章を書くんだろうというのを確認できますから。

 

 

 

 

書き方のクセ

文体・表現の仕方

文章の長さ

 

 

 

などですね。テスト記事で「ちょっとな・・・」と、

思う人は採用しなければいいだけ。

 

 

コピペチェックツールも無料で出まわっているもので十分です。

 

無料のコピペチェックツール(CopyContentDetectorR)

https://ccd.cloud/

 

 

 

この段階で採用を見送る人は、そんなに多くはないです。

(僕の経験上ですが)

 

 

僕からの質問へのレスが異常に遅かったり、

コピペチェックにひっかかったりした人はいましたけど。

 

 

 

 

ただですね、

 

 

テスト記事で大丈夫だったのに、

正式採用した後に、文章おかしいなって、

わかることがあるんですよね。

 

 

 

 

 

実は今、リアルタイムで経験しているんですが、

ドラマの感想記事を書いてもらってて、

明らかに文章が不自然だって人がいるんです。

テスト記事では問題なかったのに。

 

 

 

 

例えばですが、

 

主人公が○○しました。その後、△△になりました。

そうしたら、□□でした。楽しそうですね。

ふざけてるのでしょうかね。うまくいきませんよね。

だったら最初からやればいいですね。

 

 

 

 

こんな感じの文章。

 

 

・・・なんか不自然?というか違和感?というか、

手抜きか?と思えるような文章で・・・。

 

 

 

 

「感想」なので、確かに形態は自由なのですが、でも、

他の外注さんと比べても、不自然極まりなくて、

さすがに修正指示をだしました。

 

 

 

 

実はこの方なんですが、

 

他にも納品の際に、ファイルの拡張子がおかしくて

僕が「ファイル開けませんので、拡張子を修正して

送りなおしてください」って言ったのですが、

 

 

 

「送ります」の一言だけ返って来たんです。

しかも、そのファイルも拡張子が間違っていて開けず、

改めて送りなおしてもらいました。

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

通常、なにか一言あるじゃないですか。

「誤って拡張子変更しちゃってました、すいませんでした。」

とか。

 

 

 

そういった謝罪も一言もなく「送ります」だけ。

ちょっと、人としてどうなのかなと思ってしまいました。

 

 

最近でも、最終話を迎えたドラマ記事の

報酬支払いをしたのですが、「有難うございました」と

言っても何も返ってこなかったり。

 

 

 

 

 

テスト記事を要求するのも、こういうところを見抜くためです。

今回残念ながら見抜けず、採用してしまったのですが・・

 

 

 

 

今は少し文章も修正してもらって、ある程度はちゃんとした

文章を別のドラマで書いてもらっているんですけどね。

 

 

 

 

問題は、こういった人を雇った場合、

何らかの行動に移さないと低品質な記事が納品され

続けてしまうってことです。

 

 

 

 

途中で、辞めて下さいっていうにも

わりと半分近くの回まで書いてもらってるし、

途中の回から新たに募集をかけて

ちゃんと人が集まるのかなっていう不安もありました。

 

 

 

 

人を雇うってことは、そういったリスクも

あるんだってことを忘れないで下さいね。

 

 

 

で、対策としては、

 

 

1、最初から月単位、記事単位で区切って依頼する、

(月ごと、記事ごとで業務を終了させる)

2、丁寧に指導して文章の書き方を変えてもらう、

3、心を鬼にして途中で辞めてもらう

 

 

 

 

こういった方法があるかなと思います。

 

 

 

3については、募集要項でドラマの最終回まで

記事を書いてもらうっていう条件にしたので、

一方的にこちらから破棄してしまうのもどうかと

思いましたので、今回は2の方法をとりました。

 

 

 

 

ただ、文章の書き方って、どうしても

人によって個性が出るところなので、

難しい面もあります・・・。

 

 

 

 

男性と女性とで書き方が違いますし、

年齢の若い人とそうでない人でも違います。

 

 

 

 

この辺りが安い単価で依頼した場合に起こるリスクなのかもしれませんね。

高い単価で依頼して、それなりのプロフェッショナルな

人に依頼すれば起こらないかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

外注さんが途中で辞めてしまうという話はわりと聞きますが、

質の悪い記事で続けられるリスクもあるんだということも忘れないでください。

 

 

 

 

そういえば昔、アドセンス用の記事(たぶん1,000文字以上)

を「一記事数十円」の激安単価で中国人に頼んだら、

質が悪い上に、単価を上げろだのなんだの言われ、

失敗した人の話を聞いたことがあります。

 

 

 

 

10年以上前の話なのですが、

日本にいる中国人ではなくて、現地にいる中国人だと思います。

でなければ一記事数十円でなんて依頼できませんからね。

 

 

 

 

かなり質が悪かったらしく、アクセスが来ても

離脱率が高く、稼げなかったそうです(笑)

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………

■ブログランキングに参加してます

…………………………………………………………………………………

 

今日の記事が参考になったよという方は

クリックお願いします!

 

 

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

しんじろー
しんじろー

管理人:しんじろー 札幌市在住。40代のブログアフィリエイター。アフィリエイト歴15年以上。会社員の傍ら、アドセンスや楽天×アマゾンアフィリ、PPCアフィリ、サイトアフィリ、情報教材アフィリですべて2桁以上の額を稼いだ他、オウンドメディアや情報起業にも挑戦。現在、活動の幅を広げるため情報発信中です。近くの公園でのんびりしたり、神社(北海道神宮)に参拝したり、山に登ったりして暮らしてます。

詳しいプロフィール

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

 管理人プロフィール

しんじろー

しんじろー

管理人:しんじろー 札幌市在住。40代のブログアフィリエイター。アフィリエイト歴15年以上。会社員の傍ら、アドセンスや楽天×アマゾンアフィリ、PPCアフィリ、サイトアフィリ、情報教材アフィリですべて2桁以上の額を稼いだ他、オウンドメディアや情報起業にも挑戦。現在、活動の幅を広げるため情報発信中です。近くの公園でのんびりしたり、神社(北海道神宮)に参拝したり、山に登ったりして暮らしてます。

気軽にメールしてみる
※匿名で受付中です♪

カテゴリー

人気の記事
アーカイブ